首藤接骨院

治療内容

治療方針

当院では、早期疼痛除去、早期回復のために、痛い部位だけを治療するのではなく、検査をして身体全体のバランスを診て痛みが出ている原因を究明し、治療ポイントを出し、全身のバランスを整える手技療法、各種テーピング療法等でバランスを整え、改善へ導く治療をしております。
自費治療は、特別手技療法にて治療しております。

治療内容

接骨院での保険の取り扱いは病院と違い、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷の外傷(ケガ)によるものと限定されております。
但し、慢性の肩こり、慢性腰痛、五十肩、テニス肘、膝痛、手足のしびれ、外反母趾などでも、保険が使える場合もあります。まずは、お気軽にご相談ください。
当院では下記のような治療法を行っております。

  • スパイラルテープを施し体のバランスを整えて痛みをとる治療法。
  • 特殊手技により体のバランスを整えて痛みをとる治療法(テープに弱い方にはお勧め)
  • 自費治療の特別手技療法による治療法

健康保険が使える治療

<各種健康保険取り扱いができるもの>

骨折・・・骨が折れる。骨にヒビが入る。骨が欠けるなど
脱臼・・・骨と骨を連結する関節が外れる。関節がずれる。子供の肘が外れる。
捻挫・・・関節を捻った(捻挫)、突き指、寝違える、ぎっくり腰、ムチウチなど
打撲・・・打ち身、ぶつけるなど
挫傷・・・筋肉を切る(肉離れ)。筋肉を伸ばすなどの筋肉の痛み。
その他・・・慢性の肩こり、慢性腰痛、五十肩、テニス肘、膝痛、手足のしびれ、外反母趾などと思っていても、保険が使える場合もございます。

<労災保険取り扱い>

通勤時の怪我、仕事中の怪我は労災保険となります。
健康保険は使えませんので必ず労災保険の申請をして下さい。

<自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)取り扱い>

交通事故による怪我は自賠責保険となります。
交通事故にあった場合は、必ず警察を呼び事故証明を取って下さい。

健康保険が使えない治療

<自費治療>

慢性の肩こり、慢性腰痛・・・原因が外傷であれば保険がつかえます。
喧嘩などで怪我をさせられた・・・第三者行為障害といって健康保険が使えません。
相手に治療費の請求をすることができます。


示談した後の交通事故の後遺症、慢性の肩こり、五十肩、慢性腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、変形性関節症の痛みの改善(変形性膝関節症など)、日常生活やスポーツでの疲労、生理痛からの腰痛、頭痛、倦怠違和感の緩和、背骨の側弯、猫背、O脚などの全身のバランス調整、スポーツ選手などの全身バランス調整。


スポーツ選手の施術は完全予約制とさせて頂いております。
完全予約制はお待たせせずに、院長と一対一の治療となります。

copyright © 2004 Shudosekkotsuin All Rights Reserved.

pagetop